トイレの水漏れを発見したら

トイレの水漏れを発見したら 普段当たり前のように使っているトイレですが、突然トラブルが発生してしまった場合は誰でも慌ててしまいます。詰まっている、流れないなど、種類は様々ですが中でも一番多いトラブルは水漏れではないでしょうか。水漏れを経験したことがない方でもいつトラブルが発生するかわかりません。原因や対処法を知っていると万が一の時に役立ちます。

■トイレの水漏れの種類

トイレ 水漏れ、と一言に言っても状態は様々です。トイレの床が気が付いたら水で濡れている、排水管や給水管、手洗い管などのパイプ類から水が漏れている、タンク内部からチョロチョロと水が出ている音がする、便器自体から水が漏れているなど、何か異変を感じたらまず初めにおかしいと思われる原因箇所を確認します。気がついたら濡れていてどこから漏れているのかわからない場合などは、一度トイレの水を流すなどしてトラブル箇所を特定することが必要です。水漏れの種類によって対処方法は変わります。最近では一般家庭の普及に伴い自動水洗機能付きの温水便座のトラブルも増えています。

■水漏れの程度を確認する
水が漏れている箇所や水が出ている程度によって対処方法や修理方法は異なります。ポイントは自分で直せるレベルなのか専門業者に頼まないと難しいレベルなのかを判断することです。また部品の交換で直るのか、便座自体を変えないといけないのかという判断もしなくてはなりません。
水道の専門業者に依頼をするのは最終手段と考える方も少なくありません。しかし無理をして自分で修理をした結果状態を悪化させてしまうケースも少なからずあります。原因が特定できない場合やぽたぽたという状態ではなく勢いよく水が出ている場合や自分では修理方法の判断がつきにくく迷った場合には業者に相談をすると安心です。自動水洗機能付きの温水便座の故障に関しては、精密機械にあたるので迷わず専門業者に頼んだ方が良いです。

■トイレの水漏れを発見後まずすること

トイレの水漏れを発見したら、まずは床への浸水を防がなくてはなりません。一般的にトイレの内装は耐水性の素材が使用されています。しかしトイレの床一面水浸しの状態が継続されたままだと、床へ浸水してカビや劣化などの原因に繋がります。また、集合住宅の2階以上の場合は下の階に浸水をして住民トラブルになるケースも想定されます。戸建てや1階に住んでいる方も、トイレの水漏れを放置して床まで修繕しなくてはならない事態になったら大変です。
タンクや便器周辺に水が漏れている場合は、滴り落ちている箇所にぞうきんを置き、床への浸水を食い止めます。給水管や排水管接続部などのパイプ類から漏れている場合は止水栓をドライバーで回して止めます。それでも止まらない場合は水道のメーター付近にある水道の元栓を締める方法もあります。ホームセンターなどで売っている水漏れ専用の補修テープがあれば、正しい手順で補修をすることにより応急処置ができます。

■まとめ
トイレの水漏れに気づいたり異変を感じたときは、まずは慌てずに水が漏れている場所を探します。トイレの床に浸水している場合は、階下への浸水予防や床の劣化予防のため、速やかにぞうきんなどで浸水を食い止めなければなりません。その上で故障個所を見つけ、自分で応急処置や修理が可能なのか早急に専門業者を依頼するのかを判断します。しかし水がどこから漏れているのかわからない場合や修理方法がわからない場合は専門業者にお願いしましょう。修理手順や分解方法、組み立て方法を間違えるとかえって悪化するケースもあります。そのことを念頭に置き、いざトラブルが起きたときのことを想定して、ぞうきんやドライバー、補修テープなどを日頃から準備しておくことも大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース