タンクで起こるトイレの水漏れ

トイレの水漏れの現象でよく耳にするのが、タンクの中からちょろちょろと水が漏れているような音がすることです。その場合は原因を調べるのは難しいですが、原因の特定を自分ですることができるケースもあります。

■タンクの中からちょろちょろと水が漏れている場合

普段トイレを終えて水を流した後、タンクの中からちょろちょろと流れる音が聞こえます。これは流すための水をタンクにためるときに聞こえる音です。しかし、流した後に一向に水が止まる気配がなく延々と流れる音が聞こえている場合は水漏れの可能性が高いです。
その場合、まずは原因を探しましょう。タンクのフタをはずすと2センチほどの管が一本立っているのが見えます。その管の上まで水が上がり、オーバーフローして管の中まで水が流れていたらボールタップの不良です。逆に管より下に水位がありオーバーフローしていない場合はフロートバルブの不良が考えられます。ボールタップの不良は主に水を出したり止めたりするパッキンの不具合によって起こります。フロートバルブの不良はゴム製品のため劣化によって起こります。いずれにしても部品の交換で改善が期待できます。

■タンクの水漏れの修理時の注意点

ボールタップの不具合の解消にパッキンだけを交換する手段もありますが、微妙な調整で正常に作動しない場合が考えられるのでボールタップごと交換するのがおすすめです。横給水と下給水の2種類がありますが、下給水の場合は技術が必要になるため専門業者に任せた方が良いです。横給水の場合、作業は止水栓を締めて水が止まっているかを確認してから始めます。古いボールタップを取り外して新しいものと交換するわけですが、その際確実に取り付けないとタンク外に水漏れをする可能性もあるので注意が必要です。
フロートバルブの交換もボールタップの時と同様に止水栓を締めてから作業をします。種類が2種類あるので、確認をしてから部品を用意しましょう。サイフォン管に力が加わると破損しやすいので注意してフロートバルブの交換作業を進めていきます。

■まとめ
トイレのタンクが水漏れと感じたら、まずタンクのフタをあけて原因箇所を特定します。ボールタップもしくはフロートバルブの異常が見つかったときは止水栓を締めてから作業を始めます。部品交換をしても改善されない場合は、サイフォン管に不具合が生じているかタンク自体に問題がある場合なので、水道 修理専門業者に依頼をしましょう。タンク内の水漏れには様々な原因が考えられるので、まずは原因を特定することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ