トイレの水漏れ、配管と温水洗浄便座編

トイレのパイプ類の継ぎ目からぽたぽたと落ちる水漏れを確認したらどのように対処したら良いでしょうか。また近年急速に一般家庭に普及している自動水洗機能付きの温水便座の水漏れの対応方法を紹介します。
 
■給水管、排水管などのパイプ類から水が漏れている場合

トイレの水を流した時に壁とタンクをつなぐパイプ類から水漏れが確認できる場合、まずは継手のゆるみを確認しましょう。もしゆるんでいるようならレンチやウォーターポンププライヤで締めます。それでもだめな場合、考えられるのがパッキンの劣化です。継手を外して確認することができますが、その際に必ず止水栓を締めてから作業を始めます。締め忘れた場合は水が勢いよく吹き出る可能性があるので忘れずに締める必要があります。パッキンが劣化していた場合はホームセンターなどにそのまま現物を持っていき、購入をした後に取り換えると間違いないです。便器とタンクをつなぐ配管からの水漏れの場合も同様の手順で確認します。見えにくい場合や作業がしにくい場所からの水漏れの場合は専門業者に依頼すると良いです。

■自動水洗機能付きの温水便座の水漏れの場合

温水洗浄便座はれっきとした家電製品です。他の家電製品同様、細かなパーツでできているため、各部品の劣化などが原因で継目から水漏れをすることもあります。また汚れなどが原因になることもあるようです。ボタンを押してもノズルの水が止まらない場合はリモコンの電池が切れている可能性があるので、電池交換を試してみましょう。
パイプ類の水漏れ同様、継目のゆるみやパッキンの劣化の確認は止水栓を締めて作業します。そして感電予防のために電源プラグを抜きます。日常で使うトイレと一体化していてもあくまでも家電製品なので踏み込んだ分解は決してしない方が良いです。かえって症状を悪化させたり、最悪の場合は火災につながる恐れがあるからです。手が負えないトラブルや原因が明確にわからない場合は迷わず専門業者にお任せしましょう。

■まとめ
壁とタンク、もしくはタンクと便器をつなぐパイプ類からの水漏れの場合は継目のゆるみやパッキンの劣化を止水栓を締めた後に確認します。温水洗浄便座のノズルのトラブルはまず電池交換をするのがおすすめです。それでもウォシュレット 水漏れが直らない場合、家電製品なのでむやみに分解をするのは危険です。自分で修理が難しい場合は、症状の悪化や感電などのリスクを避けるため、迷わず専門業者に依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ