トイレの水漏れ予防にできること

トイレ 水漏れがいったん起きてしまうと修理をするのも大変であるため、できるだけそのようなトラブルを起こさないように気をつけて生活した方が良いです。そのため、日ごろからできる予防法を紹介します。

■節水や温度差にも注意

水道代の節約などで、空のペットボトルをトイレのタンク内に入れる節約方法が巷では紹介されています。確かに節水につながるかもしれませんが、空のペットボトルがタンクの中で動いてタンク内の部品を動かしてしまう可能性もあります。部品が動くとタンク内の貯水や排水が正常に行われずに水漏れにつながることもあります。タンクの中には部品をずらすようなものは入れないようにしましょう。
配管類の水漏れと勘違いしがちなのが結露です。トイレの内部と外部の温度差が激しいと配管などの金属部分や便器の表面に結露が発生する場合があります。換気扇を回す、窓を開ける、窓がないトイレの場合は扉を開けるなどしてできるだけ温度差をなくすと結露予防になります。

■温水洗浄便座のメンテナンスのすすめ

温水洗浄便座も家電製品なのでできるだけ温度差がない状態が好ましいです。寒いときは結露、暑いときはオーバーヒートを起こして故障につながるのでできるだけ温度差をなくしましょう。また内部の基盤は湿度に弱いため、定期的に窓や扉を開けてカビ予防のためにも換気をするのがおすすめです。そして一番重要なのが温水洗浄便座の本体や接続部分の掃除を念入りに行うことです。ほこりがたまることで故障の原因につながることもあるので便器だけではなく温水洗浄便座周辺もきれいしておくことが大切です。一度故障をしてしまうとなかなか素人では修理できないので日ごろから予防をする必要があります。

■まとめ
トイレの内部と外部の温度差は配管類や便器の結露の発生や温水洗浄便座の故障につながります。換気扇をまわしたり、扉、窓を開けるなどして換気をしてできるだけ温度差をなくしましょう。また節水などでタンク内に空のペットボトルを入れることにより、部品が動き水漏れの原因になることがあります。配管類からの水漏れは日ごろから継目を点検することにより予防ができます。
一度トイレの水漏れが起きてしまうと原因特定をしたり、自分で修理できる箇所でも手間や時間がかかります。また水道代も水漏れをしていないときよりも高くなります。自分で修理ができない場合は専門業者を依頼しなくてはなりません。日々のメンテナンスで水漏れを予防しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ